求人では教えてくれないケアマネからのタクシードライバーへの転職法

ケアマネからタクシー運転手の求人へ応募する時の流れ

taxidrive.site

転職をしてくる人が多い職種

タクシー業界は転職して就く方が多い職業なので、ケアマネなど前職がバラバラということがよくあります。ですがそれは前職が何であれ雇ってくれるというタクシー業界の良いところでしょう。ここからはタクシー運転手へ転職する時の流れを紹介していきます。

タクシー運転手になるまでの流れ

興味を持つ

転職先はたくさんある中からタクシー運転手に興味を持って調べることから始めます。その後に転職サイトやタクシー運転手の求人サイトを参考にして転職を希望する会社を探します。色々な視点から求人を確認することでより自分に合ったものを探すことが出来ます。

履歴書の作成から応募まで

履歴書の書き方は応募する業種により多少違うので、タクシー運転手の履歴書の書き方を確認しながら履歴書を作りましょう。履歴書は面接の受け答えと同じくらい大事なものなので、丁寧に作りましょう。履歴書が完成したら希望する会社へ応募します。

面接から入社

面接をする時は身だしなみに注意していきましょう。清潔感がない状態だと相手に対していい印象を与えることが出来ません。面接が終わり合否をまちます。合格だった場合は出勤する日時を言われるので、その日までに制服を揃えて出勤します。これで入社までの流れが終わります。

求人では教えてくれないケアマネからのタクシードライバーへの転職法

介護

入社してからの流れ

晴れて入社することが決まればまず初めにすることがあります。それは二種免許の取得です。タクシー運転手として働くためには、乗り物をサービスとして提供し、利益を目的とするので二種免許が必要となります。これは普通運転免許をもっていると大体10日くらいで取得することが出来るので、その期間は教習所へ通うことになるでしょう。

研修

ほとんどの会社が二種免許の取得費用の何割かを負担してくれたり、教習所に通っている間の給料を出すなど何かしらの手当をしています。二種免許が取得出来たら次はタクシーセンターで一週間程地理に関する勉強や、試験を行ないますがそれに参加します。その他にもタクシー運転手としての接客や安全運転の心得などを学びます。

実車での研修

実際に業務で使用する車と同じ仕様の車を使い、教官に対して接客を行ないます。タクシーセンターで学んだ事を活かしながら接客しますが、更に細かい接客のノウハウなどを教官から学ぶことが出来るので何か気になることや分からない事があればこの時までに無くしておきましょう。マンツーマンなので質問しやすくなっています。

タクシー運転手としてデビュー

ここまでの研修がすべて終わればタクシー運転手として公道に出ます。業務を重ねていき経験を積みながら分からないことなどは先輩からアドバイスを貰いつつ売上トップを目指して頑張りましょう。神奈川でタクシー運転手への転職を考えている方はぜひ参考にして下さい。

広告募集中